プリントサービス姉妹サイト
プリンタ・サプライ販売姉妹サイト

チラシ、DMなど広告印刷は送料無料の広告専門店へ

フライヤー・チラシの印刷は広告専門店へ

チラシ、DM、フライヤーなどの広告印刷は送料無料の広告専門店へ

イベントの告知や広告などの販促ツールを印刷するなら、広告専門店のフライヤー・チラシ印刷がおすすめ!折加工にも対応しており、メニュー表やパンフレットやマニュアルとしてもお使いいただけます。フルカラー印刷対応で、100枚からの小ロット作成が可能です。全国送料無料でお届けします。

フライヤー、チラシ印刷の活用例

フライヤー印刷-パンフレットや冊子印刷も可能

フライヤー、チラシの仕様

サイズ A3,A4,B4,B5
色数 フルカラー印刷対応
片面カラー
表カラー裏白黒
両面カラー
加工 折加工(二つ折り、Z折り、巻き三つ折り)
折加工でお店によくあるパンフレットやメニューも作れます!
紙質
・ツヤのあるコート紙コート紙
・ツヤ消しのマット紙マット紙
最小ロット 100枚から

「チラシ、フライヤー」の違い

片面カラー

イベントの告知や広告などの販促活動のために使う印刷物を指す言葉として、「チラシ」「フライヤー」という用語があります。同じようなものとしてあまり区別されていませんが、どういう違いがあるのかご存知でしょうか?
まず、「チラシ」という用語は「散らし」という言葉が語源となっています。用途としては新聞の折込広告や、街頭で配布されているセール情報を載せたものが多く、大量に印刷されることが多いことから、コストダウンを意識した薄い紙が一般的です。
これと比べ「フライヤー」とは、もともと飛行機やヘリコプターを使ってばら撒いていた「flyer」を語源としており、店頭に置いてお客さまに手に取ってもらうために小さめのサイズでやや厚手の紙を使うことが多いのです。
このように、「チラシ」と「フライヤー」という2つの言葉は語源や時代背景の違いによって用途や紙の厚みに少しの差がありますが、基本的には販促のための印刷物を指す言葉ですので同じものとして考えても問題ありません。ちょっとした豆知識として覚えておくとよいでしょう。

チラシ、フライヤーの価格

合計サイズ 片面カラー 両面カラー
100枚 7,711円(@77円) 13,888円(@138円)
500枚 13,716円(@27円) 25,920円(@51円)
1,000枚 16,200円(@16円) 30,240円(@30円)
10,000枚 50,220円(@5円) 88,560円(@8円)
20,000枚 88,020円(@4円) 153,360円(@7円)
※価格はA4サイズの場合です。その他のサイズの価格は姉妹サイト「電脳印刷サービス」からご確認ください。

お問い合わせやご注文は
姉妹サイトよりお手続きくださいませ。

お電話でのお問い合わせはこちら

0778-51-8578 9:00〜18:00(土日祝日を除く)